ダイエットを成功させるための食事

ダイエットを成功させるための食事

冷えた体を温めて消費アップ

寒い時期は温かいみそ汁を飲むだけで体が温まりますし、幸せな気分になります。

 

体を冷やすことってダイエットにとっては大敵ですから、体を温めてダイエット効果を高めるためにも毎日の生活に温かいみそ汁を取り入れたいですね。

 

我が家ではみそ汁を飲むのは習慣になていますけど、昔よりみそ汁を飲む人って少なくなっているようですね。

 

特にダイエットをしている人がみそ汁を敬遠しているようです。

 

塩分の取り過ぎを気にして、むくみに悩んでいたりしているのが理由だそうです。

 

もちろん塩分をとり過ぎればむくみにつながる可能性が高くなりますけど、みそ汁には塩分以外に栄養素をたくさんとることができます。

 

味噌や出しからはマグネシウムやカルシウム、カリウムが豊富に含まれますし、具材を多めにしたみそ汁ならさらに栄養素が一杯です。

 

なんと言っても味噌の原料になる大豆にはイソフラボンが含まれています。

 

美肌を作ったり、メリハリをある体を作るためにも効果があるんですね。

 

朝にコーヒーだけの食事をするよりも、みそ汁を飲む方がよっぽどダイエットを成功させることができます。

 

特に朝に体を温めることで消費アップにつながりますからね。

ダイエットは出来ることから始める

ダイエットをしようと思うと、いろいろ知識を見たり聞いたりしますけど、全てを完璧に行おうとすると無理が来てしまいますし、挫折につながりやすくなります。

 

完璧なダイエットをしようと思うと、かなり自分に無理をしなければいけなくなりますからね。

 

理想を追い求めることは悪いことではないですが、理想から外れても大丈夫と余裕を持ってダイエットを始めたいです。

 

菓子パンはダメ、加工食品はダメ、乳製品はダメなんて、あれも食べてはいけないし、これも太ってしまうと思ったら食べれるものなんてなくなってしまいますからね。

 

引き算だけのダイエットってやっぱりストレスになりますから、長い間続けることができません。

 

ダイエットって短期間で効果があるほど、リバウンドにつながりやすくなります。

 

でも目的はずっと理想の体型を維持することなのですから、長い間太らない体を作る方が大事なことなんですよね。

 

添加物をとらないようにしようと思ったら、人里離れた山や島に行くことになってしまいますし、友達とレストランに行くこともできなくなってしまいます。

 

今の環境の中で、出来ることから始めるのがいいですね。

 

これはまったく頑張らないってことではないのです。

 

過剰なストレスを抱えるほど頑張り過ぎないってことですね。

ストレスを感じると食べたくなる

ダイエットをしていると多少なりともストレスを感じることが多いです。

 

今までの生活とは違った状況になるのですから当たり前ですよね。

 

そのストレスに加えて、仕事が忙しくなったりするとイライラしてしまったり、友達付き合いのトラブルで不安を感じたり・・・

 

ストレスを感じると、知らないうちに何かを口にしてしまったりして、ダイエットを失速させることになります。

 

ストレスを感じて食べたくなるものって、カロリーは高いけど、体に必要ん栄養素がまったく含まれないものが多いようです。

 

インスタントラーメン、お菓子、揚げ物・・・

 

いかにも太りやすそうです。

 

でもストレスを感じて食べた後に、自己嫌悪に陥ってまたストレスを感じていてはまさに悪循環です。

 

後悔をするよりも、気持ちが落ち着いたことを前向きに受け止めたほうがいいようですね。

 

栄養素が足りなければ、それをまた補えばいいのですからね。

 

一回のつまみ食いでダイエットを失敗する人が多いのは、過剰に反応し過ぎるからかもしれません。

 

一回の失敗も前向きに受け止めて、ダイエットを続けられるようにしたいですね。

食べ過ぎても大丈夫

友達にダイエットとは無縁の子がいるのですが、彼女はときどきスゴク食べることがあります。

 

こんなに食べても大丈夫ってくらい食べるんです。

 

ダイエットをしている私からすると、こんなに食べたら後で大変なことになってしまうと考えてしまいます。

 

でも彼女は食べ過ぎたことってまったく気にしていないんです。

 

その代わり食べ過ぎた翌日は食事をしなくて、リセットをするんだそうです。

 

食べ過ぎた後18時間食べ物を口にしないんだそうです。

 

それもキツそうな気がしますけど、案外お腹が空かないようです。

 

習慣や思い込みでなんとなく食べるよりも、食欲がなければ食べないってことでしっかりと帳尻を合わせているんですね。

 

食べたい時は体が欲しているわけですから、時には思い切って食べても大丈夫なんですね。

 

また食べ過ぎちゃったと後悔しながら、次の日も食事を続けるよりも、思いっきり食べてから翌日リセットをするほうがストレスが少ないのかもしれないですね。

 

ダイエットって思いこみに縛られることが多いですから、そんな縛りをなくしてみるのもいいのかもって思いました。

 

 

たくさん食べたとしてもすぐに脂肪になることはありません。

 

体重が増えますけど、水分でむくんでいることが多いんですよね。

 

食べ過ぎた時はエネルギーとして使いきれない量を体に入れていますから、そのままでは甘てしまって脂肪に代わっていきます。

 

食べたものが脂肪になるのは2週間くらい経ってからなんだそうです。

 

食べたものは肝臓にストックされるのですが、次の食べ物を体に入れなければ蓄えられたものも消費されます。

 

食べ過ぎた時から48時間は食べる量を減らして肝臓を空けていけばいいのですね。

 

肝臓に蓄えられるのは1食分程度とのことなので、連続して食べ過ぎると脂肪細胞に貯め込まれてしまいます。

 

だから次の日にリセットをするつもりで食事をしないという行動が効果があるんですね。

ホーム RSS購読